最強のフルーツ!ブルーベリーの効果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルーツといえばダイエットや意識が高い人に人気ですよね。

しかし、日常的にフルーツを摂ることは意外に難しいと思います。

フルーツは皮をむいたり、食べやすいようにカットしたり煩わしいことが多く毎日食べるのは億劫になりがちです。

そんなフルーツの中でも皮もむかず簡単に食べることができるブルーベリーの紹介をします!

ブルーベリーは多くの素晴らしい効果があります!

ブルーベリーのメリット

  • アントシアニンによる眼精疲労の回復、視力の改善
  • DNAのダメージ修復効果
  • 記憶力、幸福感の上昇
  • アンチエイジング効果

眼精疲労の回復、視力の改善

ブルーベリーには豊富にアントシアニンが含まれています。

アントシアニンの効果には、眼精疲労の回復、視力改善の即効性報告がされています。

ある実験では、アントシアニン摂取後4時間後に回復が見られ、24時間で消滅すると報告があります。

また、ブルーベリーを摂取で視力改善し、夜目が効くようになったという臨床データが発表されています。

DNAの修復効果

ブルーベリーは多くの実証がされているフルーツで、特にDNAのダメージ修復効果の論文が多いです。

  • ブルーベリージュースを4週間飲んだら酸化ダメージを受けたDNAが20%回復した
  • 25gのブルーベリーを6週間食べたら心疾患のある患者のDNAダメージが13%減少した
  • 300gのブルーベリーを食べると24時間でDNA損傷の量が減っていた

上記のような報告が多数あります。

約10~20%のDNA損傷が減少しています。

記憶力、幸福感の上昇

記憶力が上がる報告がありますが、理由はまだわかっていません。

フラボイドがニューロンを強くしている可能性が高いと考えられています。

12週間ブルーベリーを食べる実験でBDNFという脳の成長因子が増えた報告があります。

また65歳以上の被験者にブルーベリージュースを12週間飲んでもらったところ、言葉が流暢になり、記憶力、幸福感が上昇した実験もあります。

フルーツを摂ることでメンタルが安定する報告が多くあるので、幸福感の上昇は当たり前なのかもしれません。

アンチエイジング効果

  • 75gのブルーベリーを食べたら体の酸化レベルが下がった
  • ブルーベリーシェイクを飲んでから運動したら筋肉ダメージが減少
  • 100gのブルーベリーでリンパ液の酸化レベルが下がった

とんでもないアンチエイジング効果が報告されています。

ブルーベリーの食べ方

摂取目安は、約100gです。

コンビニに売っているものを一日一つぐらいです。

上記ではブルーベリージュースの実験もありますが、現物を食べるほうがいいです。

特に、冷凍ブルーベリーがオススメです。

理由として下記が挙げられます。

  • 冷凍ブルーベリーの方が栄養の吸収率が上がる
  • コンビニ、スーパーに売っている
  • 保存期間が長い
  • 汎用性が高い

冷凍ブルーベリーは、スムージーにもヨーグルトにも混ぜられ非常に汎用性が高いです。

アレンジが利くので飽きの予防にもなります。

コストコで2kgぐらい入っているミックスベリーがコスパを考えるとオススメです。

まとめ

ブルーベリーには多くのメリットがあります。

食べない理由が見つからないレベルです。

最近元気がないとかメンタルが不安定だなと感じる時は積極的に食べましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*