リバプールニュースまとめ7/1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7/1のリバプールのニュースで気になったものを和訳しました。

LewisとLarouciはプレシーズンでクロップの目を引くことができるか

Alberto Morenoが移籍したことは、アカデミーの有望株がプレシーズンでクロップにアピールできるいい機会だ。

スコットランドのキャプテンであるAndy Robertsonは、18−19シーズンで素晴らしいパフォーマンスによりレフトバックの座を固めた。

Morenoがアンフィールドを去ったことで、Morenoの場所は有望な若手に空いていて、彼らは、カークビーでの機会を待っている。

U20イングランド代表のレギュラーである19歳のLewisは、プレシーズンのトレーニングでメルウッドのスタッフに印象を与えるチャンスを望んでいる。

一方で、Larouciは、左サイドフルバックでU18の有望なデビュー機会が来ています。

Warnock氏はLiverpool.comで語っています。

”ファーストチームのMorenoがクラブを去るのを見て、Adam Lewisは「これは私のチャンスなのか」と考える必要がある。”

”私たちは、マネージャーがユースを見てチャンスを与えるのは知っているが、私は彼が誰かを連れてくることも目指していると思う。”

”Adamがしなければならないことは、すぐに全力で取り掛かることで、プレシーズンを最大限に生かし、マネジャーに迫ることを試みなけらばならない。彼(クロップ)は「実際に新たなレフトバックを買う必要があるのか」と頭を悩ませています。”

”AdamやYasseのような若手は、マネージャーに積極的に彼らを使うプランを考えさせることができるのか?”

”Adamはミッドフィルダーを含むポジションでプレーができるだろう。しかし、ポジションの多様性は彼自身を悩ませるかもしれない。マネージャーが彼のベストポジションがわからないからだ。”

”彼はそのポジションを求め、確実にする方が良い。Trentによく似ていて、彼はミッドフィルダーをしていたが現在は世界で最も優れてライトバックだ。”

”Adamは「マネジャーのプランにどうやって自分を組み込ませるか?」と考える必要がある。私はそれはレフトバックであると思う”

続いて昨年LewisのU23の昇格、U18のボスであるBaryy Lewtasはシーズンの始めにレフトバックのジレンマに直面した。

彼は、Larouciをウィンガーからポジションに変え、マンチェスターシティでの勝利で4度目のFAユースカップを勝ち取りクラブの最高点に達し、彼は4バックで一貫したパフォーマンスであり、その決断は豊富な配当(見返り)を支払った。

Warnock氏は18歳から来た人は他にもいると言っています。

”Yasserはとてもいいシーズンを楽しんだ。彼の走るパワーと彼が前身の好む方法を持っている時、彼がワイドになる時敗れることなくプレーヤーを倒そうとしないとしなけらばならないので彼に適している。”

”彼はポジションに戻るためのスピードを持っている。彼はディフェンスが良くなる必要があるが、彼は、一対一で誰も彼に勝てないスピードがあることを知っている”

”Yasserはとても力強く、止めるのは困難だ。彼は面白い見込みがありレフトバックの役割に素早く適応する。”

”私は、彼が短期間でそこでプレーするポジションをよく理解していると思う。”

”FAユースカップファイナルでYasserはその日リバプールでベストパフォーマンスだった。”

”泥臭いゲームをする人、ボールの上で何かを起こす人を探している時、彼はそのようなプレイヤーだ。”

”彼はその夜は素晴らしかった。数回ボロが出たが、彼はすぐリカバーしそれから素早く学ぶだろう。”

”将来的には、チームに非常に強みになり、彼のフィットネスレベルは素晴らしい”

AlissonとChamberlainの新しい背番号

Alissonは19−20シーズンに1番のユニフォームを着ます。

ChamberlainはSturrideの去就で21番から15番へと変更になった。

リバプールはCoutinhoを買い戻すことを考慮している

報道によるとリバプールはカンプノウで自身のフォームを探すのに苦労しているバルセロナのCoutinhoのリサインにオープンである

ブラジル人ミッドフィールダーは昨年の1月に移籍史上3番目の移籍金でバルセロナに移籍した。

しかし、Coutinhoはスペインでのフラストレーションに耐え、76試合で21ゴール11アシストという記録でありながらバルセロナファンから批判されています。

スペインのSportによると、リバプールはレアルマドリーのAsensioとの交渉が難しいと判断した後にCoutinhoに注意を向けた。

Coutinhoはクラブでの5年間でアンフィールドのファンを魅了した。

Marko Grujicは19−20シーズンもヘルタで

Grujicは19−20シーズンもヘルタでローン継続をリバプールは承認

23歳のミッドフィルダーはドイツで素晴らしい初シーズンを過ごし、2度目のリーガへ挑戦することになった。

Danny Ingsはサウサンプトンへ完全移籍

Allanはフルミネンスのローン移籍12月31日まで延長

Allanは2015年の9月にリバプールに加入し、ローン移籍となっている。

Sadioはセネガル代表で2ゴール

Sadioの2得点もあり、セネガルはアフリカネーションズカップでケニア相手に3−0で勝利を収めた。

Alberto Morenoはリバプールのファン、プレイヤー、スタッフに別れのメッセージ

Morenoは5年間在籍したクラブの去就にさいし、ファン、同僚、スタッフに別れのメッセージを送りました。

先月、チャンピオンズリーグウィナーのMorenoは、契約満了で去就になった。

Morenoは141試合で3ゴールで2014年の夏にセヴィージャから加入した。

”やぁレッズ、

最愛のリバプールFCでの生活は終わりを迎えました。

私はリバプールファミリー全員に感謝します。

愛するチームメイトと5年間素晴らしい経験を共有でき、オーナー、ディレクター、コーチングスタッフ、医師、物理療法士、キットマン(道具を揃える人)、そしてクラブのすべての人々を永遠に家族と思っている。

私をより良いサッカー選手に、より良い人に、そして何よりも幼少期からの夢であるCLで優勝し偉大なクラブの小さな一部となれたことに本当に感謝している

初日から私を受け入れてくれ、リバプリアンである息子を見るたびに私の記憶に残り続ける街にとても感謝している。

最後に、いつも私を支えてくれた素晴らしいファンに非常に感謝している。

私はリバプールFCの偉大な成功を祈っています。

私がここからどこへ行こうとも、リバプール魂を心の中にもち、永遠のファンだ。

You’ll Never Walk Alone!”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*